麺麗姫は食べさせたい
礼賛する庶民たち